家具・家電の必需品

食卓

一人暮らしを始めるにはお金がかかる

一人暮らしを始めるにあたってはとてもお金がかかります。
家具や家電を揃えること、敷金礼金を支払うこと、引越し業者を依頼することといったこととなるとかなりの費用が発生してしまいます。
そこで、少しでも抑えることができる費用は抑えておきたいものです。

特に家具や家電は一つあたりの価格が高いですから必要最低限に絞っての購入が望ましいです。
せっかくの一人暮らしですからあれこれ欲しいと思っている憧れの家具家電を揃えたいと思うものではあります。
しかしワンルームに設置することができる家具や家電には限りがありますから厳選することが必要です。

学生マンションや一部のシェアハウスは最初から家具が付いているところもあるので、家具・家電を購入する予算がない人は家具付きの物件を探してもいいでしょう。
上智大学(四谷キャンパス)に通う学生向けマンション|学生マンション.com
写真:)上智大学(四谷キャンパス)に通う学生向けマンション|学生マンション.com

ここでは一人暮らしで揃えるべき家具と家電とを紹介していきます。
これから一人暮らしをする人はこれを参考に揃える家具家電を厳選しましょう。

一人暮らしで揃えるべき家具

一人暮らしをする場合、多くの人が自宅で過ごすのはゆっくり休むためです。
そのため寝具はきちんと準備をすることが必要になります。
部屋のスペースによって、ベッドを用意するか布団を用意するか、はたまたソファベッドを用意するかを考えていくことが必要です。

人間は人生の三分の一を睡眠に費やしていると言われています。
そこで、しっかりと睡眠をとる環境を整えておくことは重要です。
寝具はきちんと置き場所にあったものであり、なおかつ寝心地が良いものをしっかりと選ぶようにしましょう。
羽毛布団はほとんどがアジア産ですが、北欧産の羽毛の方が品質がいいので、よく確認することをおすすめします。
質の良い羽毛ふとんは、質の良い原毛から|羽毛布団JOORYU

それ以外の家具については家の作りや収納によって違ってきます。
収納がない場合には収納となる家具を用意することが必要ですし、作り付けの家具がある場合にはそれを使うことで用意の必要ありません。
ただし、クローゼットの収納として衣装ケースを用意することはほとんどの場合必要です。

一人暮らしで揃えるべき家電製品

一人暮らしで揃えるべき家電製品は家によって違います。
これは住む場所によって備え付けられている場合やレンタルができる場合があるためです。
そのため、設置をする家電製品は内見するときに確認をしておきましょう。

照明やエアコンは前の入居者が残している場合には備え付けられていることがあります。
自分で用意したものをつけたいという場合には、勝手に取り付けると後から問題となってしまうケースもありますから注意が必要です。

備え付けのものがない場合、冷蔵庫は必須の家電です。
全く自炊をしないならば飲み物が入る程度のものでも問題ないですし、シングル向けの小さめのものでも問題ありません。
しかし、日頃からしっかりと自炊をするという人はそれなりに大きめのものを備え付けておく方が安心できます。

同じく必須のものとして電子レンジもあります。
電子レンジだけでなくオーブン機能のついているオーブンレンジであれば調理のレパートリーも自宅で食べることのできるメニューも増やすことができ節約にも役立ちおすすめです。

Close